メインイメージ画像

原稿の確認はとても大事です

詳しくサイトを調べるとその店舗の評判を知ることもでき、選ぶ基準にする人もいます。確かにこれはただ調べるだけではわからない情報も得るきっかけになることもありますし、ホームページには載せられないようなことも知ることができるので上手く使えばよりよいお店を見つけるのに役立ちます。しかしサイトの口コミには嘘もあり、必ずしも正確な情報を得られるとは言えない点も事実です。

原稿を送ると容量などを印刷前に確認します。

この時に修正個所が出ると店舗から連絡が入り、再送信することになるため納期が送れることになります。しかも店の校正は脱字や誤字よりもデータが決まり通りに保存されているかなど調べるので誤字があっても訂正されないこともあります。データ印刷を頼む時は提出前に最終確認する癖をつけましょう。

単色刷りの場合は一定の枚数を超えると価格が安くなるという違いがあります。

大量発注の割引額は大きな違いがあるので比較してから決めるとより安くなります。価格以外の差があるということは少ないのでモノクロ印刷を頼む時は価格で判断する人が多いようです。しかし安すぎるところで依頼すると見た目が悪くなることもありますので、やはりサンプルで確認した方がいいでしょう。